DiSC事例集

これまでのまとめ⑲

ウエイトトレーニング

スポーツジムでの行動編

クリスマスやお正月も終わり、1ヶ月が経とうとしていますね。

さあお腹周りを見てみましょう!!

ウエスト周りレベルアップしていませんか?

“やばい!”と思った方、ダイエットを始めませんか?

また、寒くなってきて外に出るのも憂鬱…

と運動する機会は少なくなっていませんか?

運動不足解消やリフレッシュに周りの人も誘って、身体を動かしませんか?

今日はそんなダイエットでDiSCタイプを見極める方法をご紹介します!

Dタイプ

このタイプの人は、自分の鍛えるべき場所をきちんと把握しています。

その場所を効率的に鍛えます。

とにかく結果を出すことにこだわります。

なので出来るだけ短期間で結果が出る方法を考えます。

その方法が多少過酷でも結果につながることがわかっていれば、耐え抜くことができます。

また、このタイプの人はトレーニングだけでなく、どんな場面でも結果を重視していますね。

このタイプの人のスポーツジムでの行動の詳細はこちらから

iタイプ

このタイプの人は、全身を一気に鍛えます。

本来ならば、今日は上半身を中心に鍛えるなど、何回かに分けて鍛えます。

また、有酸素運動から入りその後にウエイトトレーニングをした方がいいのですが

このタイプの人は、その日のうちに全身を鍛えようと、いきなりウエイトトレーニングをします。

そして徐々に重量を上げていくのではなく、一気にMAXまで上げます。

なので、翌日筋肉痛で動けなくなることもあります。

このタイプの人が周りにいれば、計画的にトレーニングをするようにアドバイスをしてあげてください!

このタイプの人のスポーツジムでの行動の詳細はこちらから

Sタイプ

このタイプの人は、まずトレーナーとトレーニングメニューを作ります。

週にどれくらい来れるかや、どこを重点的に鍛えたいかを考慮して、事細かく計画を立てます。

きちんと把握してからトレーニングを始めます。

立てた計画通りにきっちりメニューをこなしていきます。

トレーニングだけではありませんが、きちんとした計画を立てることが物事の成功につながると考えています。

このタイプの人のスポーツジムでの行動の詳細はこちらから

Cタイプ

このタイプの人は、ジムに行く前にまずは自分の身体のことを把握するところから始めます。

自分が重点的に鍛えたい部位についてとことん調べます。

それからジムに行ってトレーナーとメニューを考えます。

ですがこれが大変なんです!

自分の付けた知識とトレーナーの意見が食い違った場合、質問攻めにします。

自分が納得いくまで行動に移しませんし、質問し続けます。

このタイプの人に質問された場合には、どういう理由があって違う方法をお勧めしているのかをきちんと答えてあげましょう。

このタイプの人のスポーツジムでの行動の詳細はこちらから

それぞれのタイプの鍛え方の違いについてわかっていただけましたか?

それぞれ同じ目標を立てていたとしても、同じように取り組むわけではありません。

取り組み方が違えば、サポートの仕方も異なってきますよね。

1人でも続けられる人もいれば、人と一緒でないと続かない人もいます。

誰かと一緒にジムに行くのであれば、相手のタイプを見極めてサポートしてあげれるといいですね!

体験型DiSCセミナーを受講していただくとご自身で見分けがつきそれぞれに対処することが100%可能になります!

LINEからも質問は受け付けております!

是非友達追加を!

友だち追加
ABOUT ME
せーま
現在23歳のDiSC講師。 19歳の年にDiSC認定講師資格取得! これまでにセミナー、個別コンサル、子どもから大人までにDiSC体験を体現! DiSCを使ったセミナーで受講者の心をキャッチして離さない独自セミナーを展開中! もしよろしけば一度セミナーへお越しください!
LINEお友達追加
友だち追加