僕は信じたいんです

芸能人編

僕は人を疑うことなんてしたくないんです

このセリフがあるドラマである人物がよく言っていたセリフです。

今回はこんな人をご紹介します!

今回もドラマの役の事例集です!

この人だ~れ?

ヒント

  1. 聞き上手
  2. 人を信じる
  3. 人から好かれたい
  4. チームバチスタの主人公

さて、分かりましたか?

正解は

チームバチスタの栄光 田口先生(伊藤淳史さん)です。

チームバチスタは白鳥圭輔役の仲村トオルとのダブル主演のドラマです。

知っている方もおられると思いますが、大まかにドラマのあらすじをご紹介します。

心療内科医の田口先生のもとにある日、病院長命令であるチームのことを調べてほしいという命令が下った。

そのチームがチームバチスタ

そのチームバチスタは心臓の手術のスペシャリストの集団です。

そんなチームで突然手術死が続く。

その調査に乗り出すと同時に川の転落事故で怪我をした白鳥が運ばれる。

その白鳥も厚生労働省から派遣されたチームバチスタの調査員でもあった。

そして、チームバチスタの手術死は他殺と判明。

チームバチスタのメンバーと関わるうちにこのチームにはそんな酷いことをする人はいないと信じる田口先生。

一方で、常にチームバチスタを疑い続ける白鳥との間で多発する口論。

全く考え方が異なる両者は果たして事件を解決できるのか?

というドラマです。

あなたの子どもはどうですか?

人を疑うよりも信じる方が多いですか?

また、人の話をたくさん聞いて相手が喜ぶ姿を見ることが好きではありませんか?

もし、あなたのお子さんも田口先生のような人ならSタイプの可能性が高いです。

Sタイプの人はこんな人

とにかく人と関わりたい欲求があります。

そのため、田口先生のよく言うセリフの

僕は信じてます

といった相手のことを尊重する言葉をよくかけます。

Sタイプの方は気がつくとよく聞き役になっています。

しかし、この聞き役は決して自分が話をしたくない!ということではありません。

自分も話をしたいという欲求を抑えて聞き役になっていることもしばしば。

そのため、話の主導権も渡してあげることを忘れてはいけません。

また、基本的には平和安定を好みますので何事も勝負にしてしまうとかえってプレッシャーに感じてしまい辛くなってしまいます。

そのため、何かを競わせる際にはその人独自の目標などを設定してあげると良いでしょう。

次回のSタイプの記事では今回よりもさらに今の関係よりもよくなれる方法を事例集とともに紹介していきます!

実際に子どもとの接し方を今よりも良くしたい!

子どもの将来に不安を感じることもあると思います。

また、お子さんやあなた自信のタイプが知りたい!と思ったときは

こちらを御覧下さい!

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました