1分で学ぶ心理学

騒がしいときはあえてささやくような声で

人と話すときに、必ずしも静かな場所・話しやすい環境であるとは限りませんよね。

騒がしい場所で話さなければいけない場面もあると思います。

そんなとき、あなたはどうやって相手と会話をしますか?

大きい声で話しますか?

あまり大きい声で話すと、うるさい人だなと思われたり

会話の内容が周りに筒抜けになってしまいますよね。

そんなときは、逆転の発想で声のトーンを落としてささやくように話すといいんです。

話が聞こえにくければ、その分注意して話を聞こうとしませんか?

騒がしい場所の場合、大きい声で話すよりもささやくような小さい声で話したほうが

相手も集中して話を聞いてくれます。

向かい側の席に座っている場合には、話を聞こうとテーブルに身を乗り出したりします。

こうなるとお互いの距離も縮まります。

雑音の中にいても、周囲とは別の雰囲気で真剣に打ち合わせや、話をすることができます。

この方法は、打ち合わせ等のビジネスの場だけでなく

合コンなんかでも役に立ちます!

お目当ての人に、周囲の騒がしさに反して静かな声で語りかけるのです。

そうすれば、話をよく聞き取ろうとして耳を近づけてきます。

自然と二人の関係や親密度も増すかもしれませんね!

無料オンライン性格診断

期間限定でLINE友達追加をするだけであなた専用の診断書作成中! [slideshow_reloaded id=’2050′] 今すぐ友だち追加

実際に子どもとの接し方を今よりも良くしたい!

子どもの将来に不安を感じることもあると思います。

また、お子さんやあなた自信のタイプが知りたい!と思ったときは

こちらを御覧下さい!

ABOUT ME
せーま
現在23歳のDiSC講師。 19歳の年にDiSC認定講師資格取得! これまでにセミナー、個別コンサル、子どもから大人までにDiSC体験を体現! DiSCを使ったセミナーで受講者の心をキャッチして離さない独自セミナーを展開中! もしよろしけば一度セミナーへお越しください!
LINEお友達追加
友だち追加