頭を飾る

頭の飾りはなにを示している?

頭の飾りはあらゆる文化で、さまざまな理由から用いられている。

頭の飾りを見れば、指導者の地位(アメリカ先住民の族長の羽根飾り)、職業(安全帽や炭鉱夫のヘルメット)、社会的地位(山高帽やイヴ·サンローランの婦人用縁なし帽)、趣味(自転車やロッククライミング用のヘルメット)、宗教(枢機卿帽やユダヤ教徒のヤムルカ)、忠誠心(好きなスポーツチームや労働組合)がわかる。

頭の飾りは、その人の社会的な立場、忠誠心、社会経済的地位、信じているもの、自分自身をどう見ているか、さらに社会の慣習を無視している程度までを明らかにしている。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現在23歳のDiSC講師。
19歳の年にDiSC認定講師資格取得!
これまでにセミナー、個別コンサル、子どもから大人までにDiSC体験を体現!
DiSCを使ったセミナーで受講者の心をキャッチして離さない独自セミナーを展開中!
もしよろしけば一度セミナーへお越しください!

コメント

コメントする